SDGs とは?17の目標をわかりやすく解説

はじめに

近年、TV番組やネット記事、企業のHPなどでも見聞きすることが多いSDGs。

聞いたことはあるけど、内容までは知らない方も多いと思います。

この記事ではそんな方に向けてSDGsをわかりやすく解説します。

目次

SDGsとは

SDGsはSustainable Development Goalsの略称で、持続可能な開発目標のことを言います。

「持続可能な」とは、地球の環境を壊さず、資源を使いすぎず未来の世代も豊かな地球環境で

平和に生活し続けることができることを意味しています。

SDGsは2001年に策定されたミレニアム開発目標の後継として2015年の国連サミットで採択されました。

17の目標と169のターゲットで構成されており、2030年までに達成を目指す国際目標です。

SDGsでは地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っており、発展途上国のみならず先進国も取り組む必要があるため、

日本でも多くの方や企業が取り組んでいます。

SDGsが達成を目指す17の目標

ここからはSDGsが達成を目指す17の目標を解説していきます。

 

1.貧困をなくそう

世界中のあらゆる形の貧困を終わらせるための目標です。
世界では1日1.9米ドル(約210円以下)という極度に貧しい暮らしをしている子供が6人に1人います。この極度に貧しいことを絶対的貧困といい、人数にすると約3億5600万人の子供たちが極度に貧しい暮らしをしています。また、所属する社会の一般的な水準より低い水準で暮らさなければいけないことを相対的貧困といい、日本では7人に1人の子供が相対的貧困となっています。
このようなあらゆる形の貧困をなくすために経済的のみならず教育や仕事、食料や安全な水などあらゆる側面から対策をしていく必要があります。

2.飢餓をゼロに

飢えをなくし、幼い子供からお年寄りまで全ての人たちが持続可能な農業を進めることで安全で栄養のある食料を手に入れられるようにすることを目指した目標です。
世界では今でも多くの子どもたちが栄養が十分に摂取できていないことが原因で命を落としています。特に途上国では、十分な量の食料の供給だけでなく、栄養のある食料の供給が課題となっています。それらの課題を解決するために、環境や生物多様性を守りながら農業の生産量を増やし、持続可能な農業を進めていくことが重要です。

3.すべての人に健康と福祉を

全ての人が安心して満足に暮らすために、差別されることなく最高水準の健康と適切な保健サービスを受けることができることを目指した目標です。
赤ちゃんや幼い子供が予防できる原因で命を失うことがないようにすることや全ての人がお金の心配をせずに質の高い薬や基礎的な保健サービスを受けることができるようにし、ワクチンや予防接種を受けられるようにすることが重要になります。
それらを実現するために、教育や情報を得られるようにし、薬の開発や保健サービスの研修なども必要とされています。

4.質の高い教育をみんなに

男女問わず全ての子どもたちが公平で質の高い教育を受けられるようにするだけでなく、全ての世代の人が知識やスキルを身につけられることを目指した目標です。
住んでいる場所や家庭の経済状況に関わらずに誰もが質の高い教育を受けることができる環境を作ることが重要となっています。そのために、公平で質の高い教育を無料で受けることができるように学校設備を整備したり、研修や国際協力により、教師の質を高めることも必要とされています。

5.ジェンダー平等を実現しよう

男女平等を実現することはもちろんのこと、全ての人が性を理由に差別されることなく全ての女性や女児に対する性的な人身取引を差別や暴力、搾取を世界の全ての場所でなくすことを目指した目標です。
また、女性の能力を伸ばし可能性を広げることで女性が政治や経済や社会の中で意思決定をしたり、リーダーになることで女性の地位を世界的に向上させ、男女平等の社会を実現させようとしています。
男女平等を実現するために、法律や政策を作っていくことも目標として掲げています。

6.安全な水とトイレを世界中に

誰もが安全で安価な水とトイレを使えるようにし、下水処理や衛生設備を自分たちで管理できるようにすることを目指した目標です。
世界には安全なトイレが使えない人が多くおり、トイレが使えないことで生活周辺が不衛生になってしまい健康状態に支障をきたすことがあります。
安全なトイレを使えるよう設備を整えることは、その地域の人々の健康を守ることにもつながります。
また、安全な水を確保するために水質汚染を食い止めることも必要でありターゲットの一つとして重要視されています。

7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに

全ての人が新しいエネルギーを安定的に安い価格で使えるようにすることを目指した目標です。
世界ではエネルギーの普及が進んでいないため、電力が使えない地域もまだまだ多くあります。
そして石油や木炭など、二酸化炭素を排出するエネルギーが多く使われています。
これらは人体にも環境にも悪影響があるため、改善する必要があります。
そのため、風力や太陽光などの再生可能エネルギーの割合を増やすことでクリーンなエネルギーの普及・拡大が必要とされています。
また、無駄を省きエネルギー効率を良くすることで同じ量のエネルギー源から倍のエネルギーを生み出すことも目標に掲げています。

8.働きがいも経済成長も

全ての人がみんなの生活を良くするために働きがいのある人間らしい仕事をし、持続可能な経済成長を目指す目標です。
働きがいのある仕事を増やすだけでなく、会社を始めたり新しいことを始めることを助ける政策を進め、中小規模の会社の設立や成長の応援も掲げられています。
また、世界では多くの子どもたちが強制的に働かされている児童労働が問題となっています。
問題を解決するために、むりやり働かせたり奴隷や人の売り買いをなくすことで児童労働を確実になくすことも目標とされています。

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

全ての人が経済成長と福祉を進めていくために質が高く、信頼でき、災害に強いインフラを作ることを目指した目標です。
インフラには、道やダム、発電所など生活に欠かせないものや病院や学校など安全に暮らしていくために必要な施設も含まれています。
また、だれも取り残されない持続可能な産業化を進めることで雇用と国内総生産を増やし、化学研究や技術能力を伸ばすことも重要となっています。

10.人や国の平等をなくそう

世界中で、国内はもちろん国同士の不平等をなくすための目標です。
各国の中で所得の低いほうから40%の人々の所得の増え方を早くしたり、
年齢・性別・障がい・人種・民族・生まれ・宗教・経済状態などに関わらず、社会的・政治的・経済的な不平等をなくすことを目指しています。
また、世界経済や金融制度での開発途上国の参加や発言を増やすことで誰もが納得する制度を作り格差をなくすことも目標に掲げられています。

11.住み続けられるまちづくりを

誰もが電気、水など必要なサービスを受けることができ、かつ安全な家に安い値段で住むことができるように災害に強く持続可能な街づくりを目指す目標です。
特に、女性や子ども、障害のある人、お年寄りなど、弱い立場にある人々が必要としていることをよく考え、安全で安心な緑地や公共施設を使えるようにすることも掲げています。
また、水害などの自然災害によって命を落とす人を減らすため、災害に強い街づくりをしていくことを目標としています。

12.つくる責任 つかう責任

つくる人である生産者から消費をする消費者まで責任のある行動により食品の廃棄やゴミを減らしたり、環境に害を与えないことを目指した目標です。
現在、世界中ではかなりの量の食品が廃棄されています。日本でも食品の廃棄は問題となっており、改善が必要です。食品の廃棄を改善するためには、つくる人、つかう(消費する)人のお互いが協力しなければなりません。
また、食品だけでなくあらゆるもので3Rを促進することも重要です。
ゴミを減らすことで環境への影響を減らし持続的な生産を行うことが必要です。

13.気候変動に具体的な対策を

気候変動による災害や自然災害が起こった際に対応できるように備えを強化したり、災害から立ち直るための力を高めることを目指した取り組みです。
世界中で気候変動が起こっており、特に温暖化は深刻な問題となっています。
気候変動を止めるためには、すべての国で具体的に行動を起こしていく必要があるため、
各国の政策に気候変動への対応を入れることを目標として掲げています。
また、すべての人が気候変動に対する知識を得るために教育で指導していくことも必要とされています。

14.海の豊さを守ろう

海の生態系を守るために海洋汚染や過剰な漁業などを防ぎ、海の生態系の保護と持続可能な海洋を目指すための目標です。
海の中には人間が使っているプラスチックゴミが多く流れています。ビニール袋などのゴミはウミガメが餌と間違って食べてしまい死亡するケースも報告されています。
また、プラスチックは海洋で分解されることはなく小さなマイクロプラスチックとして海洋を彷徨います。そのマイクロプラスチックを魚が食べ、その魚を人間が食べることにより人間の健康被害にも影響を与えることもあります。
そういったことを防ぐためにも海の豊かさを守るために対策をしなければなりません。

15.陸の豊かさも守ろう

陸の豊かさを守り、陸上の生態系と内陸の生態系およびそれをもたらす自然の恵みを守り、回復させ持続可能にすることを目指す目標です。
また、森林の持続可能な形の管理を進め森林の現象を食い止めたり、砂漠化に対応し、砂漠化、干ばつ、洪水の影響を受けて衰えてしまった土壌や土地を回復させることも目標に掲げています。
陸の豊かさを守ることは生物の多様性を損なわれることを防ぎ、絶滅が心配される生物の保護にもつながります。

16.平和と公正をすべての人に

世界中から暴力や虐待、搾取、人身売買やあらゆる形の暴力や拷問などをなくし、すべての人が制度や法によって守られる社会を作ることを目指した目標です。
法律に反する資金や武器の取引やあらゆる形の贈賄や汚職を大きく減らすことも目標として掲げられています。
また、ものごとが決められるときにはさまざまな人の立場を代表する形でなされ誰でも情報が手に入れられるようにしていく必要があるとされています。

17.パートナーシップで目標を達成しよう

これまでの16の目標を世界のすべての人がみんなで協力して達成を目指す目標です。
すべての国が達成に向けて予算を確保し、途上国に対しては資金や技術を支援し国の格差をなくすことも含まれています。
また、すべての国、特に途上国でのSDGs達成を支援するために世界的なパートナーシップを強化していかなければなりません。

SDGs達成に向けて

SDGsはそれぞれに目標は定められているものの、すべての目標が相互に関係し合っています。

そのため、一つの目標を達成すればいいということではなくすべての目標に対して行動していかなければなりません。

国連が定めた目標ということもあり、国がやるべきものだと思われがちですが、わたしたちにもできることはたくさんあります。

例えば、ご飯を残さずに食べることや資源の無駄遣いをなくすこともSDGsにつながります。

一人一人が意識して行動することがSDGsの達成につながるため、関心がある方は身近なところから始めてみてください。